補助金制度

がんばれ浜松!3密対策で最大30万円戻ってくる

皆さん、こんにちは😊
UiD合同会社のウェブサイトをご覧頂きありがとうございます。

浜松市では新型コロナウイルス感染症による影響の長期化を見据え、厚生労働省が示した「新しい生活様式」の実践例に対応し、感染蔓延期から収束期において、継続的に感染対策に資する事業を実施した中小企業者に対して、事業費(工事費・物品購入費)の一部を支援する浜松市3密対策事業者支援事業費補助金の募集が始まっています。

補助金の額は最大30万円!(補助率は補助対象経費の1/2・8月31日まで)

弊社ではこの補助金を最大限活用し、サーモカメラ導入をご提案致します。

サーモカメラ導入のメリット

カメラによる熱画像で非接触で検温が可能!

サーモカメラを出入り口に導入することで、多人数を同時に体温測定することができます。
不特定多数の人が多く集まる施設では対人接触による危険性を低減します。

◆店舗
◆オフィス
◆スポーツジム
◆学校・塾 など


▼ 特徴目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1. 誤差±0.3℃と高精度判定。非接触でウイルス感染リスクを軽減します。
  2. AI顔認証(マスクした状態でも認識)
  3. 発熱者を即座に検知
  4. 専用スタンドで設置が簡単
  5. 入退ゲート、警報ランプなどの連帯も可能

①誤差±0.3℃と高精度判定。非接触でウイルス感染リスクを軽減します。

AIにより、体温測定誤差±0.3℃と高い精度で、体温測定ができます。
あらかじめ設定した以上の体温を検知した場合にアラートを即座に通知します。
対象者に接触することがないので、感染リスクを抑えることが出来ます。
オフィス、病院、学校、工場、空港など多くの人が集まる場所の入り口での体温測定におすすめです。

②AI顔認証(マスクをした状態でも認識)

顔認証とIDで管理することで、従業員の顔を社員証として活用でき、勤怠管理や入室管理するときセキュリティ管理を高めることが可能です。
また発熱者を早期発見することで、集団ウイルス感染のリスクを抑えることに貢献できます。

③発熱者を即座に検知

温度検出時間が約1.5秒で検知できるので、短時間で多人数の検温が可能です。

④専用スタンドで設置が簡単

設備費として少ない費用で運用が可能です。
卓上ブラケット、床上ポールブラケットを用意しています。

⑤入退ゲート、警報ランプなどの連帯も可能

高価なサーモカメラは導入することを躊躇してしまいますが、この助成金を利用することで少ない自己負担で導入することが出来ます!!

期間は2020年8月31日(月)まで!!!
導入を検討している方はお早めに🌟
お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい😊🌈

お問い合わせ



【詳細】浜松市3密対策事業者支援事業費補助金

【浜松市公式WEBサイト】浜松市3密対策事業者支援事業費補助金(別ウィンドウで開きます)
※上記浜松市公式サイトより転載させていただきました※

▼ 詳細目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1. 申請受付期間
  2. 補助金の額
  3. 対象となる事業者
  4. 補助対象となる経費
  5. 申請方法
  6. 支給の決定
  7. その他特典
  8. 問合せ先

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.申請受付期間

令和2年6月9日(火曜日)~令和2年8月31日(月曜日)消印有効

2.補助金の額

補助対象経費の1/2(最大30万円まで) 
※1法人又は1個人事業主につき、原則として1回のみ申請可能です。

3.対象となる事業者

以下の全ての条件を満たしている場合に助成の対象となります。

(1)運輸業、小売業、保険業、不動産業、物品賃貸業、専門・技術サービス業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連、サービス業(理美容・クリーニング・旅行業等)、娯楽業、教育・学習支援業、医療・福祉に該当する業種のうち、募集要領別表1「3密対策事業者支援事業対象業種一覧」に定める業種を営むもの。

(2)上記業を営む者のうち、市内に本店若しくは主たる事務所又は支店若しくは従たる事務所を有する中小企業基本法(昭和38年法律第154条)第2条第1項に規定する中小企業者


(3)浜松市に納税義務があり、市税を滞納していない者

(4)市民税及び県民税の納税について、特別徴収義務者である者(市長が認める者を除く)

(5)暴力団との関係がない者

4.補助対象となる経費

(1)対象となる経費
申請者のサービスを享受する人が使用する店舗(対象業種を営む施設・場所)であり、不特定、多数の方が利用するエリア(客席、客室、待合室、教室、売場など)に対して、安心して来店又は訪問できるために実施する新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資する工事費及び物品などの購入費に係る費用を補助します。
厚生労働省が注意喚起を行った令和2年1月6日以降に契約したもので、8月31日までに設置・改修・支払が完了した下記経費が補助対象となります。

(2)補助対象外の経費(一例)
・従業員等のみが使用するスペースにかかる工事費や物品の購入、訪問先での工事費 従業員のみとは、店舗の経営者、従業員、その他取引業者などの店舗内における最終消費者以外の人。
・複数回の使用ができない消耗品にかかる経費
・消費税及び地方消費税
・令和2年8月31日までに支払ったことが確認できない経費
・感染症拡大につながる恐れのある事業に対する経費
・特定の政治、宗教、選挙活動を目的とする事業に対する経費
・法令等又は公序良俗に反するおそれがあると認められる事業に対する経費
・補助金対象事業と同一の経費において、他の助成制度による財政的支援を受ける 見込みのある事業に対する経費
例)持続化補助金(※使途を限定されていない持続化給付金ではありません)、私立保育所等新型コロナウイルス感染症対策事業費補助金 等
・「新しい生活様式支援天竜材活用事業」の補助金交付を受けたもの
・申請書類から補助金対象事業の実施内容や支払金額が読み取れない経費
※NITE(製品評価技術基盤機構)、厚生労働省などが示す有効塩素濃度が35ppm以上の次亜塩素 酸水を生成する機器を導入する場合、補助対象となりますので導入した機器の性能が分かる書類を申請書に添付してください。
ただし、設置目的や条件によっては補助対象外となる場合があります。また、次亜塩素酸水を噴霧する機器については、引き続き対象外です。

5.申請方法

(1)申請受付期間
令和2年6月9日(火)~8月31日(月)

(2)申請書類
申請にあたり下記の書類が必要となります。

(3)申請様式の入手方法
申請様式は以下の方法で入手できます。
1浜松市公式ホームページ 浜松市公式ホームページの以下のページからダウンロードできます。
(URL)https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kanko/corona/sannmitsu.html
2市関係機関等での配布
・浜松市観光
・シティプロモーション課(浜松市役所本館4階)
・市内各区役所(区振興課またはまちづくり推進課)
・市内各協働センター

(4)申請方法
下記へ郵送又はWEBを利用した電子申請のいずれかにより申請してください。密集を避けるため、持参でのご提出はご遠慮ください。
1.郵送
簡易書留やレターパックなど郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。 8月31日(月)までの消印が有効です。
(宛先) 〒430-0944 浜松市中区田町324-3(EPO浜松ビル2階) 「浜松市3密対策補助金事務局」あて
2.WEB
WEB申請の場合は、下記サイトよりお申込みください。
(URL)http://sec.tobutoptours.co.jp/2020/hamamatsu-3/(別ウィンドウで開きます)

6.支給の決定

(1)支給の時期 申請書類の内容を審査し適当と認められ後、降順次支給します。
交付金額については、 入金された金額によりご確認ください。
(2)不支給の通知 審査の結果、支給できない場合のみ不支給に関する通知を発送します。
(3)支給の取消
必要に応じて対象施設等の実態について報告や検査を求めることがあります。支給の決定後、申請要件に当てはまらない事実や不正受給が発覚した場合は交付決定を取り消します。その場合、補助金を返金していただきます。

7.その他

・申請者については、3密対策を実施済の店舗として、浜松市公式ホームページ等に対 象施設名(屋号等)を掲載させていただきます。
・交付決定者へは、3密対策を実施したことが分かるステッカーをお渡ししますので 対象施設等への貼り出しにご協力ください。

8.問合せ先

「浜松市3密対策補助金事務局」
フリーダイヤル:0120-368-567
直通番号:053-452-4922


コメントを残す